注射器B型肝炎というのはウイルス性の病気のことであり、B型肝炎ウイルスというものが感染して肝炎になってしまうのです。こちらは日本では社会問題となったことがあります。それは注射器の使い回しによって、集団予防接種の際に多くの子供達が感染してしまったからです。こちらは血液を介して感染してしまう可能性があるため、母子感染してしまうケースもあります。実際に日本にいるB型肝炎の感染者の中には母子感染者がたくさん含まれているのです。

日本では国がしっかりと管理していなかったために集団感染が起きてしまいました。そのため、被害者は国に対して集団訴訟をしたのです。その結果として、国は給付金を支給することを決めました。そのための特別措置法がつくられて、裁判上の和解が成立すれば国が給付金を支給することになったのです。期限付きの法律となっているため、期限内に早く給付金の請求をしなければいけません。

ただし、実際には給付金の請求を行っている方はまだまだ少ない状態が続いています。それは裁判をしなければ給付金を受け取れないためにそれを面倒だと感じたり、ハードルが高いと考えてしまう方が多いためです。しかし、給付金の支給は弁護士に依頼をすることによって、スムーズに受け取ることが可能です。

こちらでは実際に給付金請求を弁護士に依頼する際のポイントについて紹介します。これから弁護士に相談をしようと考えている方はぜひとも参考にしてください。弁護士の力を借りることでしっかりと給付金を請求できます。