弁護士選びのポイント

実際にB型肝炎給付金を受け取るために弁護士を利用したいならば、法律事務所に相談をすることになります。たくさんの法律事務所があるのですが、その中から依頼先の選び方を教えましょう。

給付金重視するべきポイントは弁護士費用と実績や経験です。特に実績や経験は大切でしょう。訴訟が上手くいかなければ給付金を受け取ることができないからです。これまでにB型肝炎訴訟をしたことのある法律事務所ならば安心できるでしょう。経験豊富で実績のある弁護士が在籍しています。また、医療関係の訴訟を経験している法律事務所であれば、B型肝炎訴訟にもしっかりと対応することができるでしょう。

B型肝炎訴訟では資料集めをしなければいけません。自分が国のミスによってB型肝炎に感染したことを証明しなければいけないのです。そのためには過去の医療記録を病院から取り寄せる必要のあることもあります。かなり昔のデータとなっている場合も多く、資料集めに苦労するケースもあるでしょう。このような仕事をきちんとこなすことができる実力のある弁護士に依頼をするべきでしょう。

弁護士選びをきちんと行うことができれば、B型肝炎訴訟を成功させられるでしょう。給付金をしっかりと受け取れます。例えば、弁護士法人アディーレのようにB型肝炎給付金について請求訴訟を行っているところに依頼をすれば確実に給付金をもらえることができるでしょう。また、相談料も無料ですので、一度ご相談をしてみてはいかがでしょうか。

Posted on

相談料について

弁護士を利用する際にはさまざまな費用がかかります。まず相談をすることになるのですが、その際には相談料がかかってしまいます。ただし、この相談料を無料にするという法律事務所が増えています。そのため、わざわざ相談料が発生する法律事務所を利用する意味はないでしょう。相談料が無料のところであっても、しっかりと質の高いサービスを提供している法律事務所は多いのです。相談料が無料のところを利用しましょう。

天秤その他の費用としては、調査費用や着手金、成功報酬といったものがあります。このうち、調査費用と着手金については、これらも無料にしている法律事務所が増えています。そのため、成功報酬のみを支払えば利用できる法律事務所が多くなっているのです。成功報酬はB型肝炎訴訟によって受け取った給付金のうち10%前後のお金をもらえることが多いでしょう。これは事前に提示されるため、きちんと確認をして納得した上で弁護士に依頼しましょう。それ以外にかかる費用としては、裁判をするための費用があります。印紙代や郵券代が生じるでしょう。これらの費用も支払うことになります。

B型肝炎訴訟では給付金だけではなくて弁護士費用の一部を補助してくれるという制度もあります。そのため、実際に弁護士を雇うためにかかる費用負担は小さいです。

Posted on

B型肝炎給付金

注射器B型肝炎というのはウイルス性の病気のことであり、B型肝炎ウイルスというものが感染して肝炎になってしまうのです。こちらは日本では社会問題となったことがあります。それは注射器の使い回しによって、集団予防接種の際に多くの子供達が感染してしまったからです。こちらは血液を介して感染してしまう可能性があるため、母子感染してしまうケースもあります。実際に日本にいるB型肝炎の感染者の中には母子感染者がたくさん含まれているのです。

日本では国がしっかりと管理していなかったために集団感染が起きてしまいました。そのため、被害者は国に対して集団訴訟をしたのです。その結果として、国は給付金を支給することを決めました。そのための特別措置法がつくられて、裁判上の和解が成立すれば国が給付金を支給することになったのです。期限付きの法律となっているため、期限内に早く給付金の請求をしなければいけません。

ただし、実際には給付金の請求を行っている方はまだまだ少ない状態が続いています。それは裁判をしなければ給付金を受け取れないためにそれを面倒だと感じたり、ハードルが高いと考えてしまう方が多いためです。しかし、給付金の支給は弁護士に依頼をすることによって、スムーズに受け取ることが可能です。

こちらでは実際に給付金請求を弁護士に依頼する際のポイントについて紹介します。これから弁護士に相談をしようと考えている方はぜひとも参考にしてください。弁護士の力を借りることでしっかりと給付金を請求できます。

Posted on